香川県のインプラント治療は5つの安心があるたくま歯科

〒763-0003 香川県丸亀市葭町32-1

(JR丸亀駅から徒歩5分)

香川インプラントセンター たくま歯科医院

お問い合わせはこちらから

最先端インプラント手術~ピエゾサージェリー~

  1. 香川インプラントセンター HOME >
  2. 当センターでのインプラント治療 >
  3. 最先端インプラント手術 >
  4. ピエゾサージェリー

ピエゾサージェリーで低侵襲手術を!

ドリルを使用しない最新インプラント手術法

歯科における本格的なピエゾサージェリー(超音波切削器具による手術)の研究は1997年イタリアのDr. トマソ・ベラソレッティとメクトロン社の共同開発により開始されました。下図は機械本体とそれらのたくさんのチップ(刃に該当する部分)です。これらは25,000~30,000Hzの超音波振動により骨などの硬組織を削ります。特徴的なのは骨は切断できますが、ドリルやソー(のこぎり)のように、神経や血管は傷つけないことです。硬組織しか切れません。インプラント手術のようなデリケートな手術部位ではとても有効な手術法として近年、脚光を浴びています。

ピエゾサージェリー用手術機器

ピエゾによるホール(穴)の形成

ピエゾサージェリー用各種チップ

下の図1と2は組織をピエゾ(超音波切削器具)で切断したものとドリル(回転切削器具)で切断したものの組織図を示します。どちらの方が、組織に対するダメージが少ないか分かりますか?明らかに、図1の方が切断面がシャープで切断面の組織の損傷が小さいことが分かります。それに比べて図2は切断面の組織が熱変性をおこしています。よってピエゾサージェリーの方が通常のドリルの手術に比べて組織に優しく、同じ内容の手術ではピエゾサージェリーの方が手術の負担は小さく治癒が早い傾向にあります。インプラント体と骨との結合においても良好です。

図1.ピエゾ(超音波切削器具)で硬組織を切断 図2.ドリル(回転切削器具)で硬組織を切断

サイナスリフトラテラルウィンドウテクニック(上顎洞挙上手術)でのピエゾサージェリー

骨を切削できても、神経や血管などは切れません

骨移植した部分